技術は人のために

ASIMO by HONDA

創業理念を貫き続けるホンダ

 

二足歩行ロボットの「ASIMO」を開発したホンダですが、ロボットの開発を始めてから既に30年が経過するようです。ホンダといえば、創業の精神が「技術は人のために」という有名なものですが、まさにその創業の精神にふさわしくロボット技術を事業化した、というニュースが最近ネット上に掲載されていました。

 

歩行アシストロボットのリース販売のようですが、足の上げ下げの際に歩行アシストが力を付与してくれるようです。

 

とりわけ階段を上るときに力を発揮してくれるようで、リハビリ中の患者や高齢者の補助に大きな効果がありそうだ、ということでした。ホンダでは一人でも多くの方に自分の力で歩く喜びを取り戻してほしい、という願いがあるようです。

 

やはり、同じ事業でも人のためになることをしてくれる企業は素敵に感じます。苦節30年の成果のロボットとのこと。これから病院や年配者の方の施設を含め、多くの人の役に立つのではないでしょうか。今から期待したいですね。